我が道を行く東北人Tommyの日々の記録です。美味しいものをおいしく食べることが好きです。歌舞伎と落語が好きなチェロ弾きです。


by kazeyohuke-byun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2019年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

3月ラスト。

おばんです。


フル稼働した2、3月が
ようやく終わろうとしています。
4月に数日まとめてお休みする分働かねば!
と思って組んだスケジュールだったとはいえ、
この2ヶ月間でのオフ日は行方不明!

しかしオフ日がゼロでも
息抜きの時間やリラックスできる時間を作ることは忘れませんでした。

2、3時間の空きで友人たちとゆっくり話したり、
美味しいものを食べたり、
6時起きしてリハ前に目黒川沿いをお花見散歩したり、
友人のお子さんと思いっきり遊んだり、
人生初の占いへ行ったり笑、
レイアウトアプリを教えていただいたり(成果はこちら)↓
b0174350_00170836.jpg
皆それぞれとても忙しくしている音楽家たち。
それでもお互い合間を縫って楽しい時間を共有できる、
そんな素敵な友人たちに恵まれていると改めて思った日々でした。




そして元々好きだった空や風景の写真撮影も再開。
最近はただ撮りたいというよりも、
後から見てその時のことや気持ちを思い出せるような
そんな写真を残してみたいと思うようになりました。
b0174350_00283871.jpg


光の採り方と構図…
まだまだ修行中です。
b0174350_01264974.jpg


於岩稲荷にて。
b0174350_01272709.jpg





さて昨夜は自分の先生や先輩方が出演されるコンサートへ行ってきました。
b0174350_01225394.jpg
在学中は毎年チェロアンサンブルのコンサートに参加していましたが、
卒業してからは弾く機会も聴く機会もすっかり減っておりました。

昨夜のチェロアンはすごかった…
言葉でうまく書けないのですが…
ああああ私も帰ってチェロ弾きたい!!
と思いながら帰路につきました。





そして今日は五重奏の初合わせ。

この作品を演奏するのは初めてなのですが、
弾けば弾くほど、聴けば聴くほど様々な景色が見えてきて、
冒頭のチェロの美味しすぎる旋律も素敵(に弾きたい)ですが、
3:15あたりは一瞬印象派のような色彩になる気がするし、
書き始めたらキリがなさそう…


この作品を演奏するのは5月。
ちなみに来年の9月を予定していた“弦六”の第2回公演や
恒例のチェロカルテットの演奏会は
諸事情によりそれぞれ時期を早めにすることになりそうです。
改めてこちらにて宣伝致します。


順番が前後しますが、
4月の終わりにこちらに乗せていただいております。
ご都合よろしければぜひお越しくださいませ。


ではまた!

by kazeyohuke-byun | 2019-03-30 23:12 | Comments(0)

西行と桜。


おばんです。

今日は仕事帰りに電車に揺られていたら
日差しがポカポカ心地よくて…(以下省略)。


先日仕事の合間に一旦帰宅、
お天気が良かったので自転車に乗って
とある桜を探しに行くことに。
地図を見ても分からず、
あちこち細道を巡り、坂を登り、坂を下り、
木のトンネルを抜け、畑のど真ん中に出て、
ペダルを漕ぐこと約40分、
ようやく見つけたその桜は
一部病に侵され、剪定され、
かつての姿ではありませんでした。
b0174350_00462239.jpg
でも、永く美しく咲き続けるために
剪定は大事。

春の香りの中、お日様を浴びて
小さい枝からも一生懸命咲いている桜たち。
b0174350_00445523.jpg


優しい蒼によく映える桜。
b0174350_00445784.jpg
“願わくば  花のもとにて  春死なむ
その如月の  望月の頃”

高校の古典の授業でこの歌と
西行法師の死について知った時、
衝撃を受けました。

桜の歌というと小野小町や紀友則を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、
以前この桜が満開だった時に
木の下に立って眺めていたら
優しく風が吹いて花びらが舞い、
この歌がふと頭をよぎったことを
はっきりと覚えています。
あの時も今も浮かぶ歌は同じでした。

満開まではまだ時間がありそう。
行きたいところリストに初めて線が引かれたけれど、
たくましく生きる姿を見るため
また改めて定点観測してこようと思います。

桜が散らずにいてくれるのか怪しいところですが、
4月21日にこちら↓↓にて演奏させていただく際、
春にちなんだ曲をいくつかプログラムに入れる予定です。
演奏中に目の前を運ばれていくスイーツたちはどれも美味しそう。
もしよろしければ皆様もぜひ。



そうそう、
先日友人宅の近所に見つけたパン屋さんで
久々に一目惚れして買ったパン。
b0174350_02042457.jpg
程よい甘さで美味しくて
b0174350_02042897.jpg
その日会った演奏仲間におススメするべく写真をお見せしたら
「一瞬ラピュタの王蟲に見えた!」
という想像力大爆発な感想をいただきました。
今度食べる時、頭の中にラピュタが流れてきそう…






最近の処方箋はこちら。
チャイコフスキーの合唱曲もまた美しい。

ではまた。


by kazeyohuke-byun | 2019-03-25 21:11 | Comments(0)

旅休止。

おばんです。

高崎、東京公演の後、
去年に引き続きK大のオケ部合宿指導のため山中湖へ行ってきました。
今年も快晴、富士山の稜線がくっきり。
b0174350_22105261.jpg


久々の合宿飯。
学生さんたちが毎食てんこ盛りにしてくださいました。↓↓↓
b0174350_22105417.jpg
最年長のバイオリンの先生と学生とは
なんと干支5周り。
「干支5周り」という言葉自体初めて聞いた気がします。
世代を超えて共に音楽に向き合うことができる場があるのは
素敵なことであると改めて思いました。
今年の演奏会のメインは「運命」。

ジャジャジャジャーン
じゃなくて
ンジャジャジャジャーン

です。ンが大事。ン。





合宿から帰ってきてトランクは出しっ放し、
朝大急ぎで中身だけ入れ替えて
昨日は上田にて演奏会でした。
高崎、東京、上田という3公演のラスト。
前半は降り番だっためバックヤードで演奏を聴いていました。
b0174350_22110090.jpg
この広いバックヤードに漂う緊張感の中、
しばらく目を閉じ、
壁一枚向こうから聴こえてくる
ベートーベンのバイオリン協奏曲第4番を堪能。
そして後半は汗だくでした笑

上田公演には生徒さんご夫婦が聴きに来てくださり、
そのままご夫婦の別荘へお邪魔してきました。
夜はすき焼き!
b0174350_22110287.jpg
とろけるお肉…
もはや言葉では言い表わせぬ美味しさ…!

b0174350_22341257.jpg
夜は満天の星を眺めながらレコードを。
朝は美味しい空気を吸いながら皆で河原をお散歩。

ゆったりとした時の流れに身を置いていると
心が穏やかになり、
身体も浄化されていく気がしました。 



今月に入ってからは特に移動続きでしたが、
ようやく今日から1週間トランク生活から解放。
旅芸人生活になってから10年近く経ちましたが、
まだまだ訪れていない地はたくさん。
「食べたいお店リスト」は
少しずつ線が引かれてきましたが
「行きたい場所リスト」に引かれた線はまだゼロです。
そのうちの1つは
桜が咲いている時にしか叶えられない場所。
気がつけば東京は開花宣言。
先日知り合いから念願の自転車を譲っていただき、
すっかりお気に入りに。
自転車に乗って1つずつ叶えていきたいなと思います。


ではまた。






by kazeyohuke-byun | 2019-03-22 22:09 | Comments(0)

群馬での日々。

おばんです。

今は群馬での本番からの帰り道。
(寝過ごす確率が高すぎるので書いております…)
明日は同じプログラムで東京公演です。
b0174350_00252073.jpg
私はバイオリン協奏曲が降り番のため
ゲネの際、客席で聴きました。
御歳72歳とは思えない迫力。




リハ期間中に、
美味しいプレゼントをいただきました。
b0174350_00474196.jpg
ハンバーグパン
b0174350_00474685.jpg
メロンパン

食事系も甘い系も美味。
それぞれ生地の弾力や食感、香りのバランスが良く、
この美味しさはゆっくり堪能しよう、
と思いながらも気がついたらあっという間に完食しておりました…。

パンをプレゼントしてくださった方々に
以前細々とパンを焼いていた時の
酵母や気温での失敗談をお話したところ、
パン屋情報はもちろん、
パンづくりの様々なコツも教えてくださり感謝。
ちなみに群馬は小麦文化だそうで、
パンもパスタも美味しいものばかりです。



2日目のリハ後に一旦東京へ戻り、
生徒さんのレッスン後に楽器屋さんへ。
リハの休憩中に「お見せしたいものがあるのでもし良かったら来てみてください、できるだけ早く
とお電話いただいてびっくりしましたが、
この楽器屋さんにて
リハ→移動→レッスン→移動
の疲れも吹っ飛ぶほどの体験をしました…!
放心状態からの興奮状態で1時間ほどひたすら弾いて、
帰りに楽器屋さんのスタッフである友人と
生まれて初めての牛カツ。
b0174350_22185731.jpg
とろける美味しさでした。
渋谷には他にもいくつか気になるお店があります。
行きたいお店リストを眺め、
完遂できたらなぁ…と夢見る時間が好きです。


そして今日は宿のチェックアウト時間の関係で朝からホールへ。
朝練していたらライブラリアンの方から
優しい甘さのぜんざいをいただきました。
b0174350_22120441.jpg

そして昼練していたら
同じ大学のチェロの先輩から
「これ食べて頑張るわよ!」とこちらをいただきました。
b0174350_22125244.jpg
なんと!
大好物のパントンのカツサンド!!

実はこれは食べたいものリストに入っていたもの!!
自分が思っていたよりも速いペースでリストに線が引かれ始め、
嬉しいような寂しいような気持ちになりますが、
美味しいプレゼントの数々、
とても嬉しかったです。


今回の本番は、
高崎、東京、上田の3公演。
そして今の首席の方が定期演奏会で演奏されるのは
この3公演が最後となります。
演奏後に花束を受け取り
65歳とは思えぬ勢いで花束を大きく天へ向かって掲げた姿を眺めていたら、
思わず涙が。
この会場でその方の背中を見るのは今日が最後だったのです。
いろいろな思い出が頭の中を巡りました。
明日の東京公演、そして上田公演も
乗せていただけたことに感謝しながら弾いてきます。



さてあと1時間半近い電車内での睡魔との闘いを
どう乗り越えるか…
(おやすみなさい…)


ではまた。


by kazeyohuke-byun | 2019-03-16 22:48 | Comments(0)

アンコール曲。

おばんです。

日付は変わってしまいましたが、
今日は午前中久々に作り置きを。
b0174350_01152024.jpg
しばらくバタバタしそうなので、
まとめて数品作りました。

夕方国立劇場にて献花を。
会場に入った瞬間思わず立ち止まってしまいました。
夜の本番で演奏予定の新世界の2楽章が流れてきたのです。
献花台には私を含めて3人のみ。
とても静かで、時の流れが違うように感じました、その空間だけ。


その後本番会場へ。
以前の記事に書いたアンコール曲はこちらです。

最後の音を弾き終えた後、

ステージにも客席にもあんなに人がいるのに、

静寂という音楽がそこにあって、

本当に静かで

澄んでいて

その静寂が

身体の奥深くへ満ちていき

全てを浄化していくような感覚に。



帰り道、横断歩道で信号待ちをしていたら

隣に並んだご夫妻が

「来てよかった。本当に、ありがとうね。」と

声をかけてくださいました。


今日のコンサートで演奏できたこと、

心から嬉しく思いました。





その後昔のバイト先へ。

することリストを作りながら問い合わせへの返信などをし、

気がついたら終電の時間に。

今電車の中でこれを書いているのですが、

乗り換え時になんと今日のコンサートへいらしてくださったという女性お二人が

お声をかけてくださいました。

コンサート後にお食事をされてから帰路についたそうで、

話題はコンサートのことでいっぱいだったそうな。



演奏家は、

聴いてくださる方がいないと成り立たない職業。

暖かいお言葉に感謝しながら

電車に駆け込みました。






特別な日でもありながら

いつも通りの1日を過ごした今日。

明日は久々のレッスン(受ける方)なので

今からすでに緊張ではありますが、

明日も穏やかに過ごせますように。


ではまた。




by kazeyohuke-byun | 2019-03-12 01:04 | Comments(0)

冷たい雨。

おばんです。

先週はオケのリハ後に別のホールへ移動してピアノトリオの本番や、
日帰り三重公演など、
本番も移動も盛りだくさんでした。
そして明日3月11日は
こちらの演奏会へ出演致します。
b0174350_00582130.jpg
何度も弾いてきた新世界、
今回のシェフの元で弾く新世界は
今まで弾いたことのない新世界。
弾く側にも聴く側にも独特かもしれないですが、
私は好き。
もしよろしければぜひお越しくださいませ。


3月11日
忘れたいけれど生涯決して忘れないし、
忘れたくないけれど思い出すのが辛いこともあります。
この日をどう過ごしたら良いのか、
8年経った今でも分かりません。
3月11日という日は
365日の中の1日であり、他の日と同じ1日。
「3月11日はあの日を思い出し、東北へ心を寄せる日」という言葉を
ラジオで聞きましたが、
自分たちはいつだってあの日に戻ることができます。
良くも悪くも。

震災時、避難先から家の片付けに通う日々が続いていましたが、
ある時母と妹と3人で街へ行ったことがありました。
そこで出会ったのは私も妹もお世話になった習い事の先生。
お話しているうちに、
皆ぽろぽろと涙がこぼれました。
そして先生はこうおっしゃっていました。

「『泣』という字は、こんな意味があるのよ。
いっぱい涙を流した後は立ち上がらなければならない。
涙の横に『立』という字があるでしょ。」

この言葉は今でもはっきり覚えています。

そしてこのブログのタイトルは
以前母から贈られた言葉にあったものです。
「歩」という字には
「少し止まる」という意味がある。
止まったからこそ歩き出せる。


少し止まり、泣き、立ち上がり、歩き出す。


明日は普段通りに生き、
14:46には黙祷を、
そして同郷の演奏仲間と追悼式の献花をして
本番会場へ向かう予定です。







来週も移動と本番が続きますが、
昨夜昔のアルバイト先であるジャズ喫茶のマスターが
急病により病院へ搬送されました。
学生時代の投稿を読んでくださっている方々はご存知と思うのですが、
学生時代はもちろん卒業後も
喫茶のマスター、ママさん、常連さんに
たくさん助けていただきながら生活しておりました
今日仕事帰りにお店へ寄り、
ママさんと一緒に常連さん方へのご報告や問い合わせ対応などしてきましたが、
倒れた時のままになっているオーディオ機器やPC関係に関しては
常連さん方と頭を悩ませましたが分からず、
皆快復することを祈るしかできない不安の中で、
互いに声をかけ合いながらお店を後にしました。
しばらく心配な日々が続きます。

気をしっかり持ち、
一歩ずつ歩んでいこうと思います。

b0174350_02035198.jpg
春の訪れと共に
皆の元に幸運のてんとう虫が訪れますように。


ではまた。

by kazeyohuke-byun | 2019-03-11 00:40 | Comments(0)

リストアップ。

おばんです。

気がつけば3月。
先日無事確定申告も提出し、
あとは還付金を待つのみ!

3月最初の本番だった「蝶々夫人」は久々のサイド。
分厚いスコア片手に
リハから本番までひたすら緊張の日々でしたが、
合間に首席の先生から上下の倍音のお話や
楽器の鳴らし方、耳の開き方など、
多くのことを教えていただき、
濃い学びの日々でした。

三幕のこちらの曲、好きだったなぁ…


岩手県北上市での公演で、
終演後そのまま帰京予定だったのですが、
少しでも家族に…と思い途中下車。
3月3日は毎年ひな祭りパーティー。
私も混ざって美味しいごはんと楽しい時間を堪能してきました。
b0174350_23545209.jpg
(写真奥にはふてくされたリンの後ろ姿が…)
12時間弱の滞在時間でしたが
家族皆揃って食卓を囲めて嬉しかったです。

翌朝東京へ戻り、
夜はこちらのリハ。
b0174350_23573467.jpg
5年前に演奏した曲を再演させていただくのですが、
当時弾いた時の印象とは全く異なるというか、
見える色が全然違います。
身体に流れ込んでくる音楽が新鮮で、
弾く度に新たな発見が。
平日夜の公演ですが、ご都合よろしければぜひお越しくださいませ。
招待券ご用意致します。



さて先日病院へ行った際、
「したいことリストを作る」
というコラムを読みました。
待ち時間あまりにおヒマだったので
まずは2019年に
弾きたい曲、
やりたいこと、
行きたいところ、
食べに行きたいお店(これ重要)
の四項目でリストを書いてみました。

昨夜、仕事後に1つクリア。
b0174350_00284395.jpg
神保町にある「ボンディ」というカレー屋さんへ。
思い切ってビーフカレーを注文!牛肉!
ゴロッゴロのお肉がたくさん!
b0174350_00284637.jpg
別腹。焼きリンゴ。
どちらも幸せな味でした。


リストの中に、
もう一度弾いておきたい曲として書いた曲があります。
今日からオケのリハーサルが始まったのですが、
9日の三重公演、11日の東京公演、
なんとアンコールがその曲でした。

朝ホールへ着き、
譜面台に置かれたアンコール譜を見て
一瞬時が止まったような感覚に陥りました。
震災の後、信じられない映像を映し出すテレビ、
ようやく仙台に帰って見た光景、
色が戻ってこない日々、
泣くまいと耐えた日々。
音楽を聴く余裕すらない中
ふと顔を上げてみたら美しい夕焼けが。
心の中に流れてきたのはその曲でした。
ネタバレになってしまうので
今ここに曲を載せることはできないですが、
自分にとって大切な曲。
弾けることに感謝しながら演奏しようと思います。



ではまた。



by kazeyohuke-byun | 2019-03-06 23:43 | Comments(0)