我が道を行く東北人Tommyの日々の記録です。美味しいものをおいしく食べることが好きです。歌舞伎と落語が好きなチェロ弾きです。


by kazeyohuke-byun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

雨の香り。

この時期の湿気は楽器にも嬉しくないですが
新緑を経て色濃くなった草木の緑を見ると
眉間にシワを寄せることが少なくなりました。


さて先日無事
室内楽のコンサートが終了致しました!
b0174350_02234754.jpg

クラリネットトリオの中でも一番好きな
ブラームスの三重奏曲。
この作品に挑む機会をいただけたことに感謝。

ハイポジションや跳躍の際に指板を見ないで弾いてみて、
というアドバイスをいただき
譜面台を最大限まで高くしたり、
目隠ししたりして練習していたのですが
ブラームスは何箇所か実践できたものの
Pezzoはやはり指板見て弾いていました…笑
秋に向けてハイポジション祭りが始まるので、
気持ち新たに頑張ります。





今週からはこちらに乗せていただいております。
b0174350_01281549.jpg

今までは早く来た順だった席次が
話し合いで事前決定したものを当日伝えられることになり(基本的にはこのパターン)、
超絶早起きすることは無くなったものの
「変化」の中において
色々な意味でより緊張感が増しました。

一昨日の会場で演奏するのは久々。
b0174350_11152531.jpg
ゲネも本番も汗だくでした。
今日の高崎、明日の上田公演も頑張ります!


来週はこちら。

分かってはいるけれど
開く数が徐々に少なくなってきている記憶の引き出し。
楽譜が手元にあったのでおそらく以前やっているはずですが…
新たな気持ちで頑張ります←



月末は四月に受けたオーディションのガラコンサート。
懲りずにPezzo Capricciosoを弾きます。
本番で弾くのは3回目(目標はあと7回…)
もう一曲は数年ぶりに弾く尾高尚忠さんの「夜曲」。
札幌でこの作品を演奏した際、
思い浮かべるのは「反魂香」であるとのお話をしました。
ある程度年数を経て演奏すると、
見え方や捉え方が変わることが多いのですが
やはり浮かぶのは「反魂香」。
しかし香りの種類は変わった気がします。
ちなみに「反魂香」という落語も好きです笑
学生時代に通っていた深夜寄席。
最近行ってないなぁ…

というのはさておき、本番はこちら。
7月30日(火)
文京シビックホールにて
18:30開演 19:00開場 
全席自由2000円

です。
チケットのご用命はコメント欄でも受け付けております。
もしよろしければぜひお越しくださいませ。





昨夜はこちらのコンサートを聴きに。
b0174350_10163410.jpg
なんと20曲を越す盛りだくさんのプログラム。
新曲もアレンジ作品も素敵でしたが、
メンバーのお一人が「熊ん蜂の飛行」を
「カエルの歌」でも弾くかのように
いとも簡単そうに平然と弾いている姿に
その列にいたチェロ弾き全員(まさかのチェロ列)
開いた口がふさがりませんでした。
私たちが秋に挑む曲もプログラムにあったのですが、
一緒に行ったチェロカルテットのメンバーと共に
「が、頑張ろう…」
と言いながらシシャモ食べて帰ってきました。




まだ半分も過ぎていないのに
あっという間に終わってしまいそうな7月。
最近は
「やりたいことリスト」
 「行きたいところリスト」
に線が引かれる数がなかなか増えず、
カメラ持参での散歩もなかなか。
それでも処方箋を書くことで癒されています。
昨夜のコンサートのプログラムにあったこちらの曲、
久々に聴いた大好きな曲が
染み渡るように身体に入ってきたので
早速今日の処方箋にしてみました。






ではまた。


by kazeyohuke-byun | 2019-07-13 12:41 | Comments(0)