我が道を行く東北人Tommyの日々の記録です。美味しいものをおいしく食べることが好きです。歌舞伎と落語が好きなチェロ弾きです。


by kazeyohuke-byun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ピアノ芝居。

おはようございます。

昨日はピアノ弾きさんと一緒に日生劇場へ行き、
「2ピアノ4ハンズ」を観劇してきました。
b0174350_1014973.jpg

坂東玉三郎さんの公演以来の日生劇場。
今回もまた客席はほぼ満席でした。

ネタバレしてしまうので
中身について詳しくは書かないのですが、
お芝居の面白さに、笑いっぱなしだった一方で、
ピアノの演奏にすっかり魅せられ、
アンコール曲の最後の一音の余韻が消えていくまで
素敵な時間をすごしてきました^^

2台ピアノというのは
互いの距離があるし、互いの手は見えないし、
呼吸も見えにくいので、
タイミングを合わせるだけでも非常に難しいように思います。
しかし、昨日演奏されていたお二人は、
2台ピアノならではの掛け合いが美しいのみならず、
タイミングはもちろん、
呼吸の深さ、色の変化、音の奥行きの創り方なども
寄り添うようにぴったりと重なっていました。

連弾演奏の時も、
お芝居しながらなのに掛け合いが常に絶妙なタイミングで行われ、
もちろん言葉だけでの掛け合いも驚く程絶妙(最近のお笑いコンビよりずっと面白い)!
共に時を重ねてきた二人でなければ成すことのできない業だと思いました。


ちなみにこの公演、
音楽の専門的な知識がなくても楽しむことのできるお芝居&演奏会です。
このように楽しさや面白さを交えながら、
クラシックの世界がもっともっと幅広く
人々の間に浸透していったらいいなあ、と思いました。
この後、仙台、名古屋、大阪でも公演があるそうですので、
お近くにお住まいの方はぜひ♪


そして最後のアンコール曲、
心が洗われるような優しい音色に、胸が熱くなりました。
特に高音部のpianissimoの美しさが印象的でした。
はるか彼方から聞こえてくるような、
今まで聴いたことのないようなpianissimo…。
本当に、本当に美しかった…。

しかし残念だったのは、
そのアンコール曲の名を聞き取り損ねたこと。
どこかで聴いたことがあるような、
でもはっきりとした記憶と曲名が出てこないまま、
公演終了後も頭の中でずっとその曲の旋律が流れていました。
ピアノ弾きさんと
「Bachの曲だって言ってたのは聴き取れたけど、なんという曲なんだろう…」
と話しながら会場を後にしました。



私はその後バイトへ行き、
トロンボーンのアンサンブルを楽しみながら働いてきました。
b0174350_1056363.jpg

リーダーさん(63歳)の親父ギャグが炸裂し過ぎて
お店全体が度々氷点下並みの寒さに見舞われましたが(爆)


で、バイトが終わって携帯を見てみると、
ピアノ弾きさんから「あったーーーーーー!!!」とのメールが。
海外公演のレビューからアンコール曲を発見したそうです!
で、そこに書かれていた曲名を見てびっくり!
なんと、ふわりさんが先日ブログに書かれていた曲!!!
どこかで聴いたことがあったような気がしたのは、
ふわりさんの記事を読んで、
You Tubeで調べて、聴いたからだったのです!

最初に「ネタバレしてしまうので書かない」
とか書いておきながら申し訳ないのですが、
本当に、本当に素敵な曲なので載せます(笑)
これから観劇予定の方は聴かないで下さい(笑)


早速図書館に楽譜の貸出申請をしました。
Solo譜は明日入手できそう♪
弾くのが楽しみです^^





b0174350_11134720.jpg

ちなみにこちらは、
昨日すぐ寝てしまって読めなかったパンフレット。
今からちょっくら読んでみようと思います。
ではまた!
Commented by urushi-yoshiko at 2012-05-20 11:24
↑のお芝居面白そう♫♫
役者さんがピアノを弾いてるの?
それともピアノ弾きさんがお芝居をしているの?
どちらでもすごいな〜!!
Commented by kimagureb at 2012-05-20 17:07
こんにちは!
ブログ読んで、感激してます。
こんなことってあるんですね。
私も初めてこの曲を聞いたとき、なんて美しい曲なんだろうと、なんともいえない余韻に浸ったんです。
いい曲ですよね^^

大学の図書館、学生時代にしっかり利用してくださいね。
母校の図書館は卒業生も利用できるのですが、2時間弱かかるのでなかなか行けません。通学してたんですけどね。
今になると大学図書館って本当に有り難かったなあと思います。
絶版になったものや、同じ曲でも解釈が違う版を見ることができたり・・・

2P4H、大阪公演調べてみたら、スケジュールが厳しい(>_<)
でもダメもとで調整してみようかな。
Commented by kazeyohuke-byun at 2012-05-20 18:11
yoshikoさん
二人の出演者は共に、
ピアノ弾きでもあり、役者さんでもあります☆
音楽を学ぶ人の多くが通ってきた道のりが
ユーモアたっぷりのお芝居と素敵な演奏で表現されていて、
最後の最後まですっかり魅せられてきました^^
おすすめのお芝居です!
Commented by kazeyohuke-byun at 2012-05-20 18:18
ふわりさん
お芝居へ一緒に行ったピアノ弾きさんからメールが来て、
その曲名を目にしたとき、
バイト先から部屋へ帰る道中だったのですが、
思わず「あ!!!!!」と声をあげてしまい、
感動して胸の高鳴りがなかなか収まりませんでした!
素敵な曲が素敵な偶然を生み出したのですね^^

図書館、たまに延滞して係の方に怒られながらも、
フル活用させていただいております♪
ただ、借りたCDや楽譜を返却する度に、
「これ…一生モノにしたい…。買おうかな…。」
なんて思ってしまい、誘惑に負けて何度かアカデミアに問い合わせて
購入してしまうことも(苦笑)
たまにチョー高額なものも混ざっております…
しかし楽譜が届くと罪悪感が一気に消えてしまうから不思議です(笑)

大阪公演は確か3日間だけなのですよね…
調整がうまくいくことをお祈り申し上げます(><)
by kazeyohuke-byun | 2012-05-20 11:20 | 鑑賞。 | Comments(4)