我が道を行く東北人Tommyの日々の記録です。美味しいものをおいしく食べることが好きです。歌舞伎と落語が好きなチェロ弾きです。


by kazeyohuke-byun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

本番前日振返り記。

さて本番前日は、
昼頃福島に到着し、
他のエキストラの方々と合流。
楽器と荷物と人間とで
何とかワゴンにおさまり、会場へ。

指揮者の先生やメンバーの方々へご挨拶した後、
すぐにリハ開始。
弓順が決まっていなかったり、
誰がどのパートを弾くか決まっていない箇所があったりと、
解決しておかねばならぬ場所は盛りだくさん。
他のパートの弓順を観察しながら、
頭フル回転(笑)

弾いた曲の一つがこちら。

ソロ部分はエキストラが弾くようにとのことだったのですが、
バイオリンのお二人も
ビオラのお方もプロの演奏者で、
本当に魅力的な音色。
ご一緒させていただけるなんて貴重な体験だ!
と思いながらも、ド緊張でした…。
さらに途中で、
私の元に届いていない楽譜が譜面台の上に置かれ、
真っ青になりながら初見でギコギコ。

と、そこに、
特別出演のT満A子さんがいらっしゃいました。
「天真爛漫」という言葉は、
T満さんのために在るのではないかと思ってしまうほど、
明るく、笑顔いっぱいのT満さん。
トークとそのバイオリンの音色に圧倒されながら、
T満さんの音楽をとにかくたくさん吸収したいと思い、
一生懸命聴き、弾きました。

そうそう、T満さんはバイオリン片手に、
「今回何弾くの〜?」
と指揮者の先生に尋ね、曲名を聞くと、
「あ、それやるんだー!いいねいいね〜!」
と、楽譜も見ないでどんどん演奏されていくんです!
自由な言葉のように音が紡がれていき、
もっと聴きたくて、
もっと弾きたくて…
何だか不思議な気持ちになりました。



そしてあっという間に夕食時間。
お弁当をいただきながらも、
頭の中は曲のことでいっぱい^^;

30分の食事タイムの後、
ホールへ移動して再びリハ開始。
こちらのホールでは、客席側に座ったことはあるのですが、
ステージ側は初めて。
b0174350_9585965.jpg

パイプオルガンをこんな間近で見たのも初めて!!!


ホールでのT満さんの音色には、
さらに圧倒されました。
バイオリンってこんな音がするのか!!!と。

そのまま21時までリハ。
昇天状態で片付けていたら、
「明日○○の楽譜と○○の楽譜もお渡ししますね。」と…。

え…?
本番当日に楽譜…?

という言葉は心の中にしまって、
遅めの夕食会へ向かいました(苦笑)

お食事会には
主催者の先生方とエキストラの方々が。
音楽界のイイお話も苦いお話も、
その他様々なお話を伺い、
勉強になった一方で、
隣りに座ったバイオリンのN子さんと、
「早めに休まないと明日が…」
「まだ合わせてない曲って…大丈夫なのかなあ…」
と、不安も隠せず…。

日付が変わる前にはチェックインできたので、
とっとと荷物を整理して、
衣装のシワを伸ばして、
冬眠しました(笑)





しかし2時間おきぐらいに地震が(TT)
よりによってこんな時に…

で、朝は、
お隣の部屋から聞こえてくるバイオリンの音で目が覚めました!
自分でかけた目覚ましには気がつかなかったので、先輩に感謝!!
でも普通のビジネスホテルで朝7時から音出しして大丈夫だったのだろうか(笑)



本番記はまた後ほど^^
Commented by kimagureb at 2011-11-15 14:22
T満さん、すごいオーラがありますよね?
音響のよさが写真でもわかるようなホールで演奏されたんですね。

お母様の愛情いっぱいのお料理も、大きな力になったかな?^^
Commented by kazeyohuke-byun at 2011-11-15 22:36
ふわりさん
T満さんのオーラに圧倒され、
魅了された二日間でした!

母ごはんで栄養補給はバッチリです。明日からまた頑張ります(*^^*)
by kazeyohuke-byun | 2011-11-15 10:31 | ひとり言。 | Comments(2)